8.6

狂战传说

Tales of Berseria

平台

PS4 PC PS3

发售时间

2016-08-18(日版)

游戏基因

角色扮演 冒险
罪償 VGTIME用户 2018-09-12 06:26:48 关注

罪償的点评 -

10 通关 平台未填写

山本尚基さんと平松正樹さんが担当したシナリオは本当によく出来上がったです!とってもいいストーリーでした…今回はもう何周目なのかなってわからなくなるほどよくやっている…主にシナリオを目的で〜
二人のシナリオ担当さんは誰でも私が好きなシナリオライターですね。山本さんのエクシリア2と平松さんのリバース〜今度のベルセリアには、山本さんはメインシナリオを担当し、平松さんはサブイベントとチャットの担当をしたそうです。さすがにこの二人ですね、メインシナリオはもちろん、サブイベントと各場面のチャットもどれでも素晴らしかったと思います。さらに無声キャラの対話までも、時間と共に変化し、少しずつ自己反省や自分のなすべきことに気付いてくれて、世界が変わった、人の心も変わったなあって感じたんですね!って何が言いたいと言ったら、これからの作品も!ぜひ山本さんと平松さんのグループでシナリオを担当して欲しいところです!〜〜

ベルベットの物語は、ある時に励まされたことを思い出した。言葉はこのように書いてあった。「人を照らした日もいつか沈むもの。道を照らした月もいつか欠けるもの。そして時計が回り、新日は昇り、再び人を照らし、そして時計が回り、新月は昇り、暗闇の中に、再び道を映し出す。」
時計が回り、ずっと暗闇の中で歩き続けたベルベットはそこから抜き出そうとする気持ちが溢れた、たとえ光がない限りそれはできない話だとしても。時計が回り、ある光が現れた、それはなんの光だろう。時計が回り、光の正体はだんだん明らかになった。弱くても、優しかった。どうして月光がここに現れたの?それは、新しい月はどうしてもこの世界に昇りたいということだから。
そして時計が回り、新しい月は昇り、暗闇の中に新たな道を映し出した。

| (0) 赞(4)

评论(0

跟帖规范
您还未,不能参与发言哦~
按热度 按时间